So-net無料ブログ作成

2016年ロンドン映画祭 受賞結果発表

2016年(第60回)ロンドン映画祭は(現地日付で)2016年10月5日(水)から10月16日(日)まででした。



【参照】 ScreenDaily  2016/10/15付け
BFI London Film Festival: 'Certain Women' scoops top prize( ttp://www.screendaily.com/festivals/london/bfi-london-film-festival-certain-women-scoops-top-prize/5110422.article?blocktitle=LATEST-FILM-NEWS-HEADLINES&contentID=44435 )



● ロンドン映画祭 公式サイト(トップページ) BFI London Film Festival


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆【審査員】◆

オフィシャル・コンペティション部門
審査員長
アティナ・レイチェル・ツァンガリ Athina Rachel Tsangari

審査員
アビ・モーガン Abi Morgan

アンソニー・チェン Anthony Chen

ググ・ンバータ=ロー Gugu Mbatha-Raw

ラドゥ・ジュード(ラドゥ・ジュデ) Radu Jude



サザーランド賞(新人監督賞)
審査員長
サラ・ガヴロン Sarah Gavron

審査員
デヴィッド・ニコルズ David Nicholls

ジョージ・アンポンサー George Amponsah

ガイ・ロッジ Guy Lodge (ガイ・ロッジ、出世したなあ……)

マシュー・マクファディン Matthew Macfadyen

ニラ・パーク Nira Park



グリアスン賞(ドキュメンタリー映画賞)
審査員長
ルイーズ・オズモンド Louise Osmond


審査員
デヴィッド・ディヘイニー David Dehaney

エドマンド・クルサード Edmund Coulthard

Sanjay Singhal

シアン・マカリスター Sian Mcallister



短編映画賞
審査員長
マット・ カークビー Mat Kirkby

審査員
ボラ・アグバエ Bola Agbaje

ジョン・マクリーン John Maclean

ニコ・マンザノ Nico Manzano

オリ・ハイアット Oli Hyatt

サラ・アイザック Sara Ishaq



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2016年(第60回)ロンドン映画祭 受賞結果
(BFI London Film Festival)



作品賞 Best Film

Certain Women
監督|ケリー・ライヒャルト Kelly Reichardt
製作国|アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------------

サザーランド賞(新人監督賞) The Sutherland Award
〔第一回長編映画監督作(=長編映画デビュー作)が対象〕

Raw
監督|Julia Ducournau
製作国|フランス / ベルギー



(受賞作以外で)審査員団よりコメントのあった作品 The jury commended

Divines
監督|Houda Benyamina
製作国|フランス / カタール


------------------------------------------------------------------------------------------

グリアスン賞(ドキュメンタリー映画賞) The Grierson Award for Best Documentary

Starless Dreams
監督|Mehrdad Oskouei
製作国|イラン


------------------------------------------------------------------------------------------

短編映画賞 Best short film (Short Film Competition)

9 Days – From My Window in Aleppo
監督|Issa Touma
   Thomas Vroege
   Floor van de Muelen
製作国|オランダ
ランタイム|13分


------------------------------------------------------------------------------------------

BFI フェローシップ(功労賞) BFI Fellowship

スティーヴ・マックィーン Steve McQueen


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


なお、オフィシャル・コンペティション(Official Competition)部門のラインナップは以下の通り。


【参照】BFI London Film Festival Films in Official Competition




Brimstone
監督|マルティン・コールホーヴェン Martin Koolhoven



Certain Women
監督|ケリー・ライヒャルト Kelly Reichardt



クラッシュ(←2016年東京国際映画祭での邦題)
英題|Clash
原題|Eshtebak
監督|モハメド・ディアーブ(モハメド・ディアブ) Mohamed Diab



Elle
監督|ポール・ヴァーホーヴェン Paul Verhoeven



Frantz
監督|フランソワ・オゾン François Ozon



Goldstone
監督|アイヴァン ・セン Ivan Sen



Layla M
監督|マイケ・デ・ヨング Mijke de Jong



Moonlight
監督|バリー・ジェンキンス Barry Jenkins



Neruda
監督|パブロ・ラライン Pablo Larraín



A Quiet Passion
監督|テレンス・デイヴィス Terence Davies



Una
監督|ベネディクト・アンドリューズ Benedict Andrews



君の名は。
英題|Your Name.
監督|新海誠 Makoto Shinkai




ロンドン映画祭の過去の受賞作や審査員の顔ぶれからして『君の名は。』が作品賞を受賞するなんてことはちょっと考えにくい。そもそも、このコンペのラインナップの中に入っていること自体、不思議なくらいだ。(追記|新海監督のツイッターによるとアニメ作品がオフィシャル・コンペティションへ選出されたのは初、だそうで。)『君の名は。』ファンは何故この映画祭で『君の名は。』が作品賞を受賞するなんていう期待を持ったのか?………どうやらロンドン映画祭で『君の名は。』を見たひとりの批評家が絶賛したことで期待が高まったらしい。(追記|あと、『君の名は。』の公式ツイッターで ”受賞なるか!?” って煽ったからですね。) 映画祭は審査員がいて彼らが受賞者を決めるので、批評家の評価と受賞結果は必ずしも一致しないのに。

日本アカデミー賞のアニメーション作品賞はもらえるだろうから今年はもうそれでいいんじゃないでしょうかねえ。国内の映画賞なら他にも何かもらえるでしょう。来年は(米国配給会社がどう対応するか分からないけれど)アカデミー賞長編アニメーション賞やアニー賞で何らかの可能性も出てくるかもしれないし。(ただしアメリカで公開する際に先に配信で公開してしまうようだとアカデミー賞では権利が無くなるけ ど。) (2016/11/08 追記) 映画芸術科学アカデミーが公表する前に、米国配給元であるFUNimation(ファニメーション)が先走って今年度(=2016年度/第89回)アカデミー賞長編アニメーション賞へエントリーすることを決めたとのニュースを発表しました。来年度(=2017年度)に参戦するのだと思っていましたが2016年度にしたようです。FUNimation(ファニメーション)によると、2016年12月2日から8日までロサンゼルスの The Laemmle Music Hall にて(オスカー参戦の権利獲りの目的で)公開予定。米国での一般劇場公開は2017年初旬に予定されている模様。



タグ:映画祭