So-net無料ブログ作成

2018年ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞 受賞結果

映画批評家が出す映画賞の本年度第一発めはナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞でした。ナショナル・ボード・オブ・レヴューはニューヨークに拠点を置いている団体で、長い歴史を誇る賞です。



● 公式サイト内での発表  2018年11月27日付け
NATIONAL BOARD OF REVIEW ANNOUNCES 2018 AWARD WINNERS



● ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 公式サイト(トップページ)
 The National Board of Review

-------------------------------------------------------------------------------------------


2018年度ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞(NBR賞) 受賞結果
(The National Board of Review Awards)


作品賞(最優秀作品) Best Film

グリーンブック
英題|Green Book
監督|ピーター・ファレリー Peter Farrelly




外国語映画賞 Best Foreign Language Film

COLD WAR あの歌、2つの心
英題|Cold War
原題|Zimna wojna
監督|パヴェウ・パヴリコフスキ Pawel Pawlikowski
製作国|ポーランド / フランス / イギリス




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary

RBG 最強の85才
英題|RBG
監督|ジュリー・コーエン Julie Cohen
   ベッツィ・ウエスト Betsy West




アニメーション映画賞 Best Animated Feature

インクレディブル・ファミリー
英題|Incredibles 2
監督|ブラッド・バード Brad Bird


-------------------------------------------------------------------------------------------


監督賞 Best Director

ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper
作品|アリー/スター誕生
英題|A Star Is Born



新人監督賞 Best Directorial Debut

ボー・バーナム Bo Burnham
作品|Eighth Grade(英題)


-------------------------------------------------------------------------------------------

主演男優賞 Best Actor 

ヴィゴ・モーテンセン Viggo Mortensen
作品|グリーンブック
英題|Green Book




主演女優賞 Best Actress

レディー・ガガ Lady Gaga
作品|アリー/スター誕生
英題|A Star is Born




助演男優賞 Best Supporting Actor

サム・エリオット Sam Elliot
作品|アリー/スター誕生
英題|A Star is Born




助演女優賞 Best Supporting Actress

レジーナ・キング Regina King
作品|ビール・ストリートの恋人たち
英題|If Beale Street Could Talk




ブレイクスルー・パフォーマンス賞 Breakthrough Performance

トーマシン・マッケンジー(トーマシン・ハーコート・マッケンジー) Thomasin McKenzie(Thomasin Harcourt McKenzie)
作品|足跡はかき消して
英題|Leave No Trace




アンサンブル・キャスト賞 Best Ensemble Cast

クレイジー・リッチ!
英題|Crazy Rich Asians


-------------------------------------------------------------------------------------------


脚本賞 Best Original Screenplay

脚本|ポール・シュレイダー Paul Schrader
作品|魂のゆくえ
英題|First Reformed




脚色賞 Best Adapted Screenplay

脚本|バリー・ジェンキンズ Barry Jenkins
作品|ビール・ストリートの恋人たち
英題|If Beale Street Could Talk


-------------------------------------------------------------------------------------------


映画歴史賞 William K. Everson Film History Award(2作品)

風の向こうへ
英題|The Other Side of the Wind
監督|オーソン・ウェルズ Orson Welles



オーソン・ウェルズが遺したもの
英題|They'll Love Me When I'm Dead
監督|モーガン・ネヴィル Morgan Neville




NBR 表現の自由賞 NBR Freedom of Expression Award(2作品)

7月22日
英題|22 July
監督|ポール・グリーングラス Paul Greengrass



ナディアの誓い-On Her Shoulders
英題|On Her Shoulders
監督|アレクサンドリア・ボンバッハ Alexandria Bombach


-------------------------------------------------------------------------------------------


トップ10作品 Top Films (英題のアルファベット順)

バスターのバラード
英題|The Ballad of Buster Scruggs
監督|イーサン・コーエン Ethan Coen
ジョエル・コーエン Joel Coen



ブラックパンサー
英題|Black Panther
監督|ライアン・クーグラー Ryan Coogler



ある女流作家の罪と罰
英題|Can You Ever Forgive Me?
監督|マリエル・ヘラー Marielle Heller



Eighth Grade(英題)
監督|ボー・バーナム Bo Burnham



魂のゆくえ
英題|First Reformed
監督|ポール・シュレイダー Paul Schrader



ビール・ストリートの恋人たち
英題|If Beale Street Could Talk
監督|バリー・ジェンキンズ Barry Jenkins



メリー・ポピンズ リターンズ
英題|Mary Poppins Returns
監督|ロブ・マーシャル Rob Marshall



クワイエット・プレイス
英題|A Quiet Place
監督|ジョン・クラシンスキー John Krasinski



ROMA/ローマ
英題|Roma
監督|アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón



アリー/スター誕生
英題|A Star Is Born
監督|ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper



-------------------------------------------------------------------------------------------


インディペンデント映画 トップ10作品
Top Independent Films (英題のアルファベット順)

スターリンの葬送狂騒曲
英題|The Death of Stalin
監督|アーマンド・イアヌッチ Armando Iannucci



荒野にて
英題|Lean on Pete
監督|アンドリュー・ヘイ Andrew Haigh



足跡はかき消して
英題|Leave No Trace
監督|デブラ・グラニック Debra Granik



Mid90s(英題)
監督|ジョナ・ヒル Jonah Hill



さらば愛しきアウトロー
英題|The Old Man and the Gun(The Old Man & the Gun)
監督|デヴィッド・ロウリー David Lowery



ザ・ライダー
英題|The Rider
監督|クロエ・ジャオ Chloé Zhao



search/サーチ
英題|Searching
監督|アニーシュ・チャガンティ Aneesh Chaganty



Sorry to Bother You(英題)
監督|ブーツ・ライリー Boots Riley



We the Animals(英題)
監督|Jeremiah Zagar



ビューティフル・デイ(2017年)
英題|You Were Never Really Here
監督|リン・ラムジー Lynne Ramsay


-------------------------------------------------------------------------------------------


外国映画 トップ5作品 
Top Five Foreign Films (英題のアルファベット順)

バーニング 劇場版
英題|Burning
原題|Beoning / Buh-ning
監督|イ・チャンドン Lee Chang-dong
製作国|韓国




ジュリアン
英題|Custody
原題|Jusqu'à la garde
監督|グザヴィエ・ルグラン Xavier Legrand
製作国|フランス




THE GUILTY/ギルティ
英題|The Guilty
原題|Den skyldige
監督|グスタフ・モーラー Gustav Möller
製作国|デンマーク




幸福なラザロ
英題|Happy as Lazzaro
原題|Lazzaro felice
監督|アリーチェ・ロルヴァケル Alice Rohrwacher
製作国|イタリア




万引き家族
英題|Shoplifters
監督|是枝裕和 Hirokazu Kore-Eda
製作国|日本


-------------------------------------------------------------------------------------------


ドキュメンタリー映画 トップ5作品 
Top Five Documentaries (英題のアルファベット順)

Crime + Punishment(英題)
監督|スティーヴン・マイン Stephen Maing



Free Solo(英題)
監督|ジミー・チン Jimmy Chin
   エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ Elizabeth Chai Vasarhelyi



Minding the Gap(英題)
監督|Bing Liu



まったく同じ3人の他人
英題|Three Identical Strangers
監督|ティム・ウォードル Tim Wardle



Won’t You Be My Neighbor?(英題)
監督|モーガン・ネヴィル Morgan Neville


-------------------------------------------------------------------------------------------


ナショナル・ボード・オブ・レヴューにしては案外普通な結果が出た作品賞と俳優4賞。ところが外国語映画賞は受賞が『Cold War』で『ローマ』は「外国映画 トップ5作品」には入りませんでした。(「トップ10作品」のほうへは入っています。) 『万引き家族』はこのナショナル・ボード・オブ・レヴュー以外でも軒並みノミネートされているし、アカデミー賞外国語映画賞部門へはノミネートはほぼ確実とみていいと思うのですが、さて受賞となると強敵揃いで……。アカデミー賞外国語映画賞部門、今年は激戦。

『ブラック・クランズマン』はゴッサム賞でもインディペンデント・スピリット賞でも作品賞から落選していて buzz も落ちていますが、大丈夫なんでしょうか?『女王陛下のお気に入り』『ファースト・マン』『バイス(英題|Vice)』も「トップ10作品」から落ちています。『バイス』が「トップ10作品」にも入らないのはびっくり。(私は『バイス』作品賞を受賞すると予想していたので。大外れ。) 『ブラック・クランズマン』以外はここで落としてもそれほど案じる必要もないかも、ですが。また、この団体が大好きなイーストウッド監督の『運び屋(英題|The Mule)』も入っていません。(批評家向けの試写がまだ行われていないという話も出ていますが。見ていないということでしょうか。)



タグ:邦画 映画賞

共通テーマ:映画