So-net無料ブログ作成

【競馬】凱旋門賞|上位(5着以内)にきた日本調教馬


1969年スピードシンボリ号から始まった凱旋門賞への挑戦。高額な費用がかかる中、チャレンジを続ける日本競馬関係者のみなさまの熱意に頭が下がります。





第78回 1999年10月3日
2着 エルコンドルパサー(牡4)
   騎手|蛯名正義  調教師|二ノ宮敬宇

1999年 第78回凱旋門賞 日本語実況版


日本調教馬も、そして日本生産馬も、いつかは(というか、近々)勝てる……そう思わせてくれたレース。このレースがあったからこそ、いまだに凱旋門賞へのチャレンジが続いているのだと思う。長期滞在して臨んだレース、馬も人も頑張った。








第85回 2006年10月1日
失格(3位入線) ディープインパクト(牡4)
         騎手|武豊  調教師|池江泰郎

ディープインパクト 凱旋門賞(2006)


この年は出走頭数、少ないですね。








第89回 2010年10月3日
2着 ナカヤマフェスタ(牡4)
   騎手|蛯名正義   調教師|二ノ宮敬宇

2010年凱旋門賞 ナカヤマフェスタ

ヴィクトワールピサ(牡3)……7着(8位入線)
(※ ナカヤマフェスタ、翌2011年凱旋門賞は11着。)

ステイゴールド産駒のナカヤマフェスタ号。最後は勝った馬と脚色(あしいろ)が一緒になってしまって……でも置いていかれることなく、よく追いすがりました。








第91回 2012年10月7日
2着 オルフェーヴル(牡4)
   騎手|C.スミヨン  調教師|池江泰寿

2012年凱旋門賞 オルフェーヴル


「やった!やった!オルフェーヴルが凱旋門賞を勝つよ!」って、直線の途中では狂喜しましたよ。「ようやく凱旋門賞を!それもメジロマックイーンの孫のオルフェーヴルで!」ってね。ああ…………………。








第92回 2013年10月6日
2着 オルフェーヴル(牡5)
   騎手|C.スミヨン  調教師|池江泰寿


4着 キズナ(牡3)
   騎手|武豊  調教師|佐々木晶三


2013年凱旋門賞 オルフェーヴル キズナ


着順だけみると日本馬は2着と4着だから「すごい!」ってことになるのですが、勝ったトレヴ号からはだいぶ離されているので、これは完敗ですよね。追いすがったら差が縮まりそうだとかそんな感じ一切しないもの。でもオルフェーヴル、古馬になってから凱旋門賞で2年連続で2着になるというのは立派ですよ!今回はちゃんと真っすぐ走れていたし。



凱旋門賞、とにかく一回勝ってもって、気持ち的に一区切りつけたい感はある。あくまでも「一区切り」として。



タグ:競馬

武豊騎手 Best Partner(ベスト・パートナー) & Best Race(ベスト・レース)|JRA特設・武豊 JRA4,000勝 達成記念サイト|アンケート結果 


なんかあまり話題になっていないようですが、投票した皆さんはそれぞれもう結果はご覧になっているのでしょうか? 日刊スポーツはじめ、この類のランキングはすでにたくさん行われていて、みんな飽きちゃったのかな?



【参照】
JRA(日本中央競馬会)武豊騎手4000勝達成記念サイト http://jra.jp/special/take4000/





JRA(日本中央競馬会):あなたが選ぶ「武豊騎手 Best Partner(ベスト・パートナー) & Best Race(ベスト・レース)」アンケート結果
(2018年10月5日 発表/募集期間 2018年5月10日~2018年10月3日)

(※ 投票ページでは「武豊騎手が騎乗したなかで最も印象に残っている競走馬とレースは?」という表現が使われていました。「最も印象に残っている競走馬/レース」と「ベスト・パートナー/ベスト・レース」とはちょっと違うと思うんだけど……そんな細かいことはまぁいいか)




【Best Partner(ベスト・パートナー)】

01. ディープインパクト

02. スペシャルウィーク

03. キタサンブラック

04. キズナ

05. サイレンススズカ


06. エアグルーヴ

07. オグリキャップ

08. メジロマックイーン

09. スーパークリーク

10. クロフネ


11. ウォッカ

12. ダンスインザダーク

13. マーベラスサンデー

14. ステイゴールド

15. スマートファルコン


JRA特設「あなたが選ぶ 武豊騎手Best Partner(ベスト・パートナー) & Best Race(ベスト・レース)」アンケート結果のページ(https://prc.jp/take_4000sp/partner_race.html)には15頭のレースビデオが掲載されていて、各馬の出走全レースが見られます!すごい! (メジロマックイーン号のデビュー戦を初めて見た。ダートの超不良馬場で水浸しの田んぼのようなところを走ってた。)




【 Best Race(ベスト・レース)】

01. 2013年 日本ダービー(勝馬|キズナ)

02. 1998年 日本ダービー(勝馬|スペシャルウィーク)

03. 1990年 有馬記念(勝馬|オグリキャップ)

04. 2017年 天皇賞(秋)(勝馬|キタサンブラック)

05. 2017年 有馬記念(勝馬|キタサンブラック)



06. 1998年 毎日王冠(勝馬|サイレンススズカ)

07. 1997年 天皇賞(秋)(勝馬|エアグルーヴ)

08. 2006年 有馬記念(勝馬|ディープインパクト)

09. 2008年 天皇賞(秋)(勝馬|ウオッカ)

10. 2005年 菊花賞(勝馬|ディープインパクト)



11. 2017年 天皇賞(春)(勝馬|キタサンブラック)

12. 1996年 菊花賞(勝馬|ダンスインザダーク)

13.(タイ) 1999年 天皇賞(秋)(勝馬|スペシャルウィーク)

13.(タイ) 2001年 エリザベス女王杯(勝馬|トゥザヴィクトリー)

15. 1998年 金鯱賞 (勝馬|サイレンススズカ)


-------------------------------------------------------------------------------------


私はこういうふうに投票しました。(※「武豊騎手が騎乗したなかで最も 印象に残っている 競走馬とレースは?」ということで選びました。5頭 / 5レースを選ぶ仕様だったので、こういう感じに。もっとたくさん選びたかった)


【Best Partner(ベスト・パートナー)】(個人的に、より深く印象に残った 順)

メジロマックイーン

オグリキャップ

スペシャルウィーク

ディープインパクト

エアグルーヴ



【 Best Race(ベスト・レース)】(開催年 順に)

1990年 有馬記念(勝馬|オグリキャップ)

1992年 天皇賞(春)(勝馬|メジロマックイーン)(春天2度目の勝利)

1996年 阪神大賞典(勝馬|ナリタブライアン)

1997年 天皇賞(秋)(勝馬|エアグルーヴ)

2001年 香港ヴァーズ(勝馬|ステイゴールド)


-------------------------------------------------------------------------------------


2010年代のレースも上位に入っているなど、ベストレースの並びを見る限りJRAが推し進めてきた若い世代へアピールし新規ファンを獲得していくという試みそれなりに成功しているのかなという感じがしました。20年も30年も前に活躍した馬がベスト・パートナーのランキング上位にずらりと隙間なく並んでいるよりは、近々に活躍した馬が入っているほうが好ましいと思うし。

でも、1996年阪神大賞典(勝馬|ナリタブライアン号)が入ってなかったのはやっぱりちょっと寂しかったな。このレース、競馬ファンの間で語り継がれていないのだろうか?確かに、ナリタブライアンは武豊のベスト・パートナーだったわけではないから得票数は少なかったのかもしれないけど(でもオグリキャップだって武豊は2度しか乗ってないし。)、「印象に残っているレースは?」と問われたので、これを入れたのです。とにかく、サイレンススズカ号の毎日王冠や金鯱賞のように語り継がれていって欲しいな。


武豊騎手、JRA4000勝達成おめでとうございます!とにかく怪我をしないでいて欲しいです。そして、いつの日か凱旋門賞を勝って欲しい!クリンチャー号、がんばれ!(ノースヒルズさんの馬で凱旋門賞勝つといいな。) 



タグ:競馬