So-net無料ブログ作成

ジャーニー(Journey)|「エニ・ウェイ・ユー・ウォント・イット」(Any Way You Want It)&「ドント・ストップ・ビリーヴィン」(Don't Stop Believin')|映画『ロック・オブ・エイジズ』(2012年)(英題:Rock of Ages)

本日(2015年8月10日)深夜、映画『ロック・オブ・エイジズ』(2012年)が地上波初放映だそうです。ただし日本テレビの深夜の映画放映番組「映画天国」での放映ですので、視聴可能な地域は限定的です。


日本テレビ「映画天国」
映画『ロック・オブ・エイジズ』(2012年) 放映
2015年8月10日(月)深夜1:59~3:58(=8月11日(火)午前1:59~)


映画『ロック・オブ・エイジズ』
米国での劇場公開日 2012年06月15日(金)
日本での劇場公開日 2012年09月21日(金)



(2015/08/12 追記) 地上波TV放映の反響は衛星放送でのそれの比ではないですね。深夜帯の放映、しかも地域限定であっても、やっぱり大きい。何からの形で放映された時、毎回、若い方々が良い反応を示しているのを見かける度「この映画、劇場公開当時にはこのテイストを欲している層へ届いていなかったんだな」と残念に思います。


--------------------------------------------------------------------------------------------

映画『ロック・オブ・エイジズ』(2012年):ジャーニー&スティーヴ・ペリー関連の使用曲



Any Way You Want It (エニ・ウェイ・ユー・ウォント・イット )

歌:メアリー・J・ブライジ Mary J. Blige
  ジュリアン・ハフ Julianne Hough
  コンスタンティン・マルーリス Constantine Maroulis


Any Way You Want It
by Mary J. Blige & Julianne Hough
※ 1:23あたりの ♪ "hold on, hold on, hold on~" と歌っているのがコンスタンティン・マルーリス(Constantine Maroulis)







【オリジナル】

ジャーニー Journey
Any Way You Want It
(エニ・ウェイ・ユー・ウォント・イット) 〔邦題:お気に召すまま〕)
1980年リリース



ジャーニー「エニ・ウェイ・ユー・ウォント・イット(お気に召すまま)」
(1980年 米国:ヒューストン・ライブ)

Journey - Any Way You Want It (Live in Houston, 1980)
(ボーカル:スティーヴ・ペリー Steve Perry)
)

Any Way You Want It
作詞/作曲:ニール・ショーン Neal Schon
      スティーヴ・ペリー Steve Perry



Journey - Any Way You Want It(英語歌詞)
http://www.azlyrics.com/lyrics/journey/anywayyouwantit.html


-----------------------------------------------------------------------------------------



Don't Stop Believin' (ドント・ストップ・ビリーヴィン)


歌:ジュリアン・ハフ Julianne Hough
  ディエゴ・ボネータ Diego Boneta
  トム・クルーズ Tom Cruise
  アレック・ボールドウィン Alec Baldwin
  ラッセル・ブランド Russell Brand
  メアリー・J・ブライジ Mary J. Blige


Don't Stop Believing - Various Artists|Rock of Ages








【オリジナル】

ジャーニー Journey
Don't Stop Believin'(ドント・ストップ・ビリーヴィン) 〔邦題:愛に狂って〕 
1981年リリース



ジャーニー「ドント・ストップ・ビリーヴィン(愛に狂って)」
(1981年 ヒューストン・ライヴ)


Journey - Don' t Stop Believing (Live in Houston, 1981)
(ボーカル:スティーヴ・ペリー Steve Perry)


「ツアーに出ている最中に、宿泊先のホテルの部屋の窓から通りを眺めていた。街灯の下には真夜中に集まっている人々が居て、夜が更けてくるとその人々が徐々に闇の中へ消えていき、いつのまにか居なくなる。彼らも自分たちと同じように夢や望みを持って都会へ出てきたのだろうに、ああして真夜中に街をぶらついているのはどういうことなのだろうか……というような話をバンドのメンバーとしていて、そこからこの曲の着想を得た」と、この曲の作詞作曲者のひとりであるスティーヴ・ペリーはインタビューで語っています。

映画『ロック・オブ・エイジズ』でも、主人公二人は望みを抱いて都会に出てきたのに現実の生活に引きずられていくうち本来の夢を見失いかける……という展開をみせます。そしてラストの「ドント・ストップ・ビリーヴィン」という曲の中で歌われている主題へ辿りつく、そういう物語でした。


Don't Stop Believin'
作詞/作曲:ニール・ショーン Neal Schon
      スティーヴ・ペリー Steve Perry
      ジョナサン・ケイン Jonathan Cain


Journey - Don't Stop Believin'(英語歌詞)
http://www.azlyrics.com/lyrics/journey/dontstopbelievin.html


----------------------------------------------------------------------------------------


Oh Sherrie(邦題:Oh,シェリー)

イントロ部分がほんの数秒使われただけ。ドリューがシェリーのタイムカードを見つけた後、振り向き、歩きだそうとする瞬間に従業員のチコという男性にぶつかるまでの数秒。

(今作のシェリー像というのはスティーヴ・ペリーにとってはちょっと悲しいかもね。酷い人間として描かれていたわけじゃないけど。ペリーにとって「Oh,シェリー」という曲の使用量がこの程度で済んだことはかえってよかったのかも。)



【オリジナル】

スティーヴ・ペリー Steve Perry

Oh Sherrie(邦題:Oh,シェリー)
1984年リリース



映画『ロック・オブ・エイジズ』にZガイ~ズ(Z-Guyeezz)のミュージックビデオ撮影シーンがありますが、そこでドリューが「こんなのやりたくない」と抗議するのはスティーヴ・ペリー(元「ジャーニー」)のソロ曲 1984年「Oh,シェリー」(英題:Oh Sherrie)のミュージック・ビデオからの引用と思われます。スティーヴ・ペリーが演出家に対し「こういう妙な演出はおかしいでしょ。やってられない」と抵抗し、演出家やマネージャーがペリーに対して「これでやってくれ」と説得するシーンがあります。


Steve Perry - Oh Sherrie (Music Video, 1984)


このMVに登場している白ワンピース&赤ストッキングの女性が(スティーヴ・ペリーの当時の恋人)シェリーさんご当人。(この曲が発売された直後、二人は別れてしまいました。)


Oh Sherrie
作詞/作曲:スティーヴ・ペリー Steve Perry
      Bill Cuomo
      Randy Goodrum


Steve Perry - Oh Sherrie(英語歌詞)
http://www.azlyrics.com/lyrics/steveperry/ohsherrie.html




共通テーマ:映画