So-net無料ブログ作成

2018年度アメリカ美術監督組合賞 ノミネーション発表

2018年度(第23回)アメリカ美術監督組合賞のノミネーションが発表になりました。



【参照】 Variety.com  2019年1月7日付け記事
‘Buster Scruggs,’ ‘Black Panther,’ ‘Haunting of Hill House’ Nominated for Art Directors Guild Awards



2018年度(第23回)アメリカ美術監督組合賞授賞式は(現地日付で)2019年2月2日の予定です。



● アメリカ美術監督組合 公式サイト(トップページ) Art Directors Guild


---------------------------------------------------------------------------------------

2018度(第23回)アメリカ美術監督組合賞ノミネーション
(The Art Directors Guild Awards/ADG Awards)
(映画部門のみ。テレビ部門は上記参照記事をご覧ください)



ピリオド(=時代劇・時代物) Period Film

作品|バスターのバラード
英題|The Ballad of Buster Scruggs
プロダクション・デザイン|ジェス・ゴンコール Jess Gonchor




作品|ボヘミアン・ラプソディ
英題|Bohemian Rhapsody
プロダクション・デザイン|アーロン・ヘイ Aaron Haye




作品|女王陛下のお気に入り
英題|The Favourite
プロダクション・デザイン|フィオナ・クロンビー Fiona Crombie




作品|ファースト・マン
英題|First Man
プロダクション・デザイン|ネイサン・クロウリー Nathan Crowley




作品|ROMA/ローマ
英題|Roma
プロダクション・デザイン|エウヘニオ・カバイェーロ Eugenio Caballero





ファンタジー Fantasy Film

作品|ブラックパンサー
英題|Black Panther
プロダクション・デザイン|ハンナ・ビークラー Hannah Beachler




作品|ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
英題|Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
プロダクション・デザイン|スチュアート・クレイグ Stuart Craig




作品|ルイスと不思議の時計
英題|The House With a Clock in Its Walls
プロダクション・デザイン|ジョン・ハットマン Jon Hutman




作品|メリー・ポピンズ リターンズ
英題|Mary Poppins Returns
プロダクション・デザイン|ジョン・マイヤー John Myhre




作品|レディ・プレイヤー1
英題|Ready Player One
プロダクション・デザイン|アダム・ストックハウゼン Adam Stockhausen





コンテンポラリー(=現代劇・現代物) Contemporary Film

作品|ワイエット・プレイス
英題|A Quiet Place
プロダクション・デザイン|ジェフリー・ビークロフト Jeffrey Beecroft




作品|アリー/スター誕生
英題|A Star Is Born
プロダクション・デザイン|カレン・マーフィ Karen Murphy




作品|クレイジー・リッチ!
英題|Crazy Rich Asians
プロダクション・デザイン|ネルソン・コーツ Nelson Coates




作品|ミッション:インポッシブル/フォールアウト
英題|Mission: Impossible - Fallout
プロダクション・デザイン|ピーター・ウェナム Peter Wenham




作品|Welcome to Marwen(英題)
プロダクション・デザイン|シュテファン・デシャント Stefan Dechant





アニメーション映画 Animated Film
(※ アニメーション映画部門は2017年度 [第22回] に創設)

作品|グリンチ(2018年)
英題|Dr. Seuss’ The Grinch
プロダクション・デザイン|コリン・スティンプソン Colin Stimpson




インクレディブル・ファミリー
英題|Incredibles 2
プロダクション・デザイン|ラルフ・エグルストン Ralph Eggleston




犬ヶ島
英題|Isle of Dogs
プロダクション・デザイン|アダム・ストックハウゼン Adam Stockhausen
             ポール・ハロッド Paul Harrod




シュガー・ラッシュ:オンライン
英題|Ralph Breaks the Internet
プロダクション・デザイン|コーリー・ロフティス Cory Loftis




スパイダーマン:スパイダーバース
英題|Spider-Man: Into the Spider-Verse
プロダクション・デザイン|ジャスティン・K・トンプソン Justin K. Thompson


---------------------------------------------------------------------------------------

有望視されていたけれど落選した主な作品

ふたりの女王 メアリーとエリザベス
英題|Mary Queen of Scots(2018)


グリーンブック
英題|Green Book


フロントランナー
英題|The Front Runner


Can You Ever Forgive Me?(英題)


ブラック・クランズマン
英題|BlacKkKlansman



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2018年度アメリカ映画編集者組合賞(ACE賞/エディ賞) ノミネーション発表

アメリカ映画編集者組合賞はアカデミー賞作品賞ノミネート&受賞にとってけっこう重要。(ここにノミネートされたからといってすべてがアカデミー賞作品賞へもノミネートされるかといったらそんなことはないけれど。)



【参照】 Variety.com  2019年1月7日付け記事
‘Bohemian Rhapsody,’ ‘Crazy Rich Asians,’ ‘Escape at Dannemora’ Among ACE Editing Nominees


2018年度(第69回)アメリカ映画編集者組合賞授賞式は(現地日付で)2019年2月1日の予定です。



● アメリカ映画編集者組合 公式サイト(トップページ)
 The American Cinema Editors (ACE Film Editors)

-------------------------------------------------------------------------------------------

2018年度(第69回)アメリカ映画編集者組合賞 (ACE賞/エディ賞)ノミネーション
(The American Cinema Editors Awards/ACE Eddie Awards)
(映画部門のみ。TV部門等は上記参照記事をご覧下さい。)


※ 人名の英語表記に ACE が付いている人物はアメリカ映画編集者組合に加入している人物であることを示します。



ドラマ映画部門 Best Edited Feature Film (Dramatic)

作品|ブラック・クランズマン
英題|BlacKkKlansman
編集|バリー・アレクサンダー・ブラウン Barry Alexander Brown




作品|ボヘミアン・ラプソディ
英題|Bohemian Rhapsody
編集|ジョン・オットマン John Ottman(ACE)




作品|ファースト・マン
英題|First Man
編集|トム・クロス Tom Cross(ACE)




作品|ROMA/ローマ
英題|Roma
編集|アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuaron
   アダム・ガフ Adam Gough




作品|アリー/スター誕生
英題|A Star Is Born
編集|ジェイ・キャシディ Jay Cassidy(ACE)





コメディ映画部門 Best Edited Feature Film (Comedy)

作品|クレイジー・リッチ!
英題|Crazy Rich Asians
編集|マイロン・カースタイン Myron Kerstein




作品|デッドプール2
英題|Deadpool 2
編集|クレイグ・アルパート Craig Alpert(ACE)
   エリザベット・ロナルズドッティル Elisabet Ronaldsdottir
   ダーク・ウェスターヴェルト Dirk Westervelt




作品|女王陛下のお気に入り
英題|The Favourite
編集|ヨルゴス・モヴロプサリディス Yorgos Mavropsaridis(ACE)




作品|グリーンブック
英題|Green Book
編集|パトリック・J・ドン・ヴィト Patrick J. Don Vito




作品|バイス
英題|Vice
編集|ハンク・コーウィン Hank Corwin(ACE)





アニメーション映画部門 Best Edited Animated Feature Film

作品|インクレディブル・ファミリー
英題|Incredibles 2
編集|スティーヴン・シェイファー Stephen Schaffer(ACE)




作品|犬ヶ島
英題|Isle of Dogs
編集|アンドリュー・ワイスブラム Andrew Weisblum(ACE)
   ラルフ・フォスター Ralph Foster
   エドワード・バーシュ Edward Bursch




作品|スパイダーマン:スパイダーバース
英題|Spider-Man: Into the Spider-Verse
編集|ロバート・フィッシャー・Jr Robert Fisher, Jr.





ドキュメンタリー映画部門(長編映画) Best Edited Documentary(Feature)

作品|Free Solo(英題)
編集|ボブ・アイゼンハルト Bob Eisenhardt(ACE)




作品|RBG(英題)
編集|カーラ・グティエレス Carla Gutierrez




作品|まったく同じ3人の他人
英題|Three Identical Strangers
編集|マイケル・ハート Michael Harte




作品|Won't You Be My Neighbor?(英題)
編集|ジェフ・マルンベルグ Jeff Malmberg(ACE)
   アーロン・ウィッケンドン Aaron Wickenden(ACE)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

落選した主な候補

ビール・ストリートの恋人たち
英題|If Beale Street Could Talk


ブラックパンサー
英題|Black Panther


妻たちの落とし前 (新邦題|ロスト・マネー)
英題|Widows


Can You Ever Forgive Me?(英題)


フロントランナー
英題|The Front Runner


Minding the Gap(英題)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカ映画編集者組合賞(ACE賞)へノミネートされずにアカデミー賞作品賞またはアカデミー賞編集賞へノミネートされた作品はありますが、アメリカ映画編集者組合賞へノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞した作品は極少。2016年度には『スポットライト 世紀のスクープ』がアメリカ映画編集者組合賞へノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞しています。(その前は1989年度『ドライビング Miss デイジー』)



昨年度(=2017年度)にアメリカ映画編集者組合賞に選ばれないままアカデミー賞作品賞へノミネートされた作品は、


 君の名前で僕を呼んで
 英題|Call Me by Your Name


 ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
 英題|Darkest Hour


 ファントム・スレッド
 英題|Phantom Thread


の3作品。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2018年度アメリカ脚本家組合賞 ノミネーション発表

2018年度アメリカ脚本家組合賞のノミネーションが発表されました。

2018年度アメリカ脚本家組合賞の審査対象となった作品は脚本賞(Original Screenplay)で63作品、脚色賞(Adapted Screenplay)で60作品とのこと。


アメリカ脚本家組合に加入していない脚本家(例:クエンティン・タランティーノ)の作品はアメリカ脚本家組合賞の審査対象にはなりません。また、アニメーション作品の脚本もアメリカ脚本家組合賞では審査対象外となります。



【参照】 Variety.com  2019年1月7日付け記事
Writers Guild Awards Nominees Include ‘A Star Is Born,’ ‘Green Book,’ ‘Roma’



2018年度アメリカ脚本家組合賞授賞式は(現地日付で)2019年2月17日の予定です。



● アメリカ脚本家組合(東地区) 公式サイト(トップページ)
 Writers Guild of America East

● アメリカ脚本家組合(西地区) 公式サイト(トップページ)
 Writers Guild of America, West

--------------------------------------------------------------------------------------------

2018年度アメリカ脚本家組合賞ノミネーション結果
(The Writers Guild of America / WGA)


脚本賞 Original Screenplay

作品|Eighth Grade(英題)
脚本|ボー・バーナム Bo Burnham




作品|グリーンブック
英題|Green Book
脚本|ニック・ヴァレロンガ Nick Vallelonga
   ブライアン・ヘイズ・カリー Brian Hayes Currie
   ピーター・ファレリー Peter Farrelly




作品|クワイエット・プレイス
英題|A Quiet Place
脚本|ブライアン・ウッズ Bryan Woods
   スコット・ベック Scott Beck
   ジョン・クラシンスキー John Krasinski




作品|ROMA/ローマ
英題|Roma
脚本|アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón




作品|バイス
英題|Vice
脚本|アダム・マッケイ Adam McKay


--------------------------------------------------------------------------------------------

脚色賞 Adapted Screenplay

作品|ブラック・クランズマン
英題|BlacKkKlansman
脚本|チャーリー・ワクテル Charlie Wachtel
   デイヴィッド・ラビノウィッツ David Rabinowitz
   ケヴィン・ウィルモット Kevin Willmott
   スパイク・リー Spike Lee
原作|ロン・ストールワース Ron Stallworth




作品|ブラックパンサー
英題|Black Panther
脚本|ライアン・クーグラー Ryan Coogler
   ジョー・ロバート・コール Joe Robert Cole
原作|スタン・リー Stan Lee
   ジャック・カービー Jack Kirby




作品|Can You Ever Forgive Me?(英題)
脚本|ニコール・ホロフセナー Nicole Holofcener
   ジェフ・ウィッティ Jeff Whitty
原作|リー・イスラエル Lee Israel




作品|ビール・ストリートの恋人たち
英題|If Beale Street Could Talk
脚本|バリー・ジェンキンズ Barry Jenkins
原作|ジェームズ・ボールドウィン James Baldwin



作品|アリー/スター誕生
英題|A Star Is Born
脚本|エリック・ロス Eric Roth
   ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper
   ウィル・フェッターズ Will Fetters
原作(脚本)|モス・ハート Moss Hart(1954年版脚本)
       ジョン・グレゴリー・ダン John Gregory Dunne(1976年版脚本)
       ジョーン・ディディオン Joan Didion(1976年版脚本)
       フランク・ピアソン Frank Pierson(1976年版脚本)
原作|ウィリアム・ウェルマン William Wellman(1937年版脚本)
   ロバート・カーソン Robert Carson(1937年版脚本)


--------------------------------------------------------------------------------------------

ドキュメンタリー脚本賞 Documentary Screenplay

作品|Bathtubs Over Broadway(英題)
脚本|Ozzy Inguanzo
   Dava Whisenant




作品|華氏119
英題|Fahrenheit 11/9
脚本|マイケル・ムーア Michael Moore




作品|ジェネレーション・ウェルス
英題|Generation Wealth
脚本|ローレン・グリーンフィールド Lauren Greenfield




作品|In Search of Greatness(英題)
脚本|ギャビー・ポルスキー Gabe Polsky


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以下の作品はアメリカ脚本家組合賞の審査対象外とされています。

参考記事はこちら。Variety.com|in-contention(2018年12月8日付け記事)‘The Favourite,’ ‘Sorry to Bother You’ Among Screenplays Not Eligible for WGA Awards (EXCLUSIVE)

なお、アメリカ脚本家組合賞の審査対象外になった事がアカデミー賞へのノミネーションに何らかの影響があるというものではありません。





2018年度アメリカ脚本家組合賞の候補資格が無い(審査対象とならない)もので、有望な作品

脚本賞(Original Screenplay)

女王陛下のお気に入り
英題|The Favourite


Sorry to Bother You(英題)


ヘレディタリー/継承
英題|Hereditary


犬ヶ島
英題|Isle of Dogs


永遠の門 ゴッホの見た未来
英題|At Eternity’s Gate


Blindspotting(英題)


風の向こうへ
英題|The Other Side of the Wind


All Is True(英題)


ザ・ライダー
英題|The Rider


スターリンの葬送狂騒曲
英題|The Death of Stalin


Capernaum(英題)


COLD WAR あの歌、2つの心


万引き家族
英題|Shoplifters



脚色賞(Adapted Screenplay)

インクレディブル・ファミリー
英題|Incredibles 2


The Sisters Brothers(英題)


Leave No Trace(英題)


Disobedience(英題)


McQueen(英題)


---------------------------------------------------------------------------------------

審査対象となっているものの落選した主な作品


【脚本賞部門】

ボヘミアン・ラプソディ
英題|Behemian Rhapsody


First Reformed(英題)


プライベート・ライフ
英題|Private Life


タリーと私の秘密の時間
英題|Tully


Ben is Back(英題)



【脚色賞部門】

クレイジー・リッチ!
英題|Crazy Rich Asians


ファースト・マン
英題|First Man


ビューティフル・ボーイ(2018年)
英題|Beautiful Boy (2018)


ある少年の告白
英題|Boy Erased


妻たちの落とし前 (新邦題|ロスト・マネー)
英題|Widows


フロントランナー
英題|The Front Runner


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

もしかしてもしかすると、是枝裕和監督は『万引き家族』で脚本賞ノミネートという可能性もあるのか!?(現実的に期待していいものかどうか……でも「バラエティ」の記事内で名が挙がってきている以上は多少の可能性はある?)



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2018年度アメリカ撮影監督組合賞 ノミネーション発表

2018年度(第33回)アメリカ撮影監督組合賞のノミネーションが発表になりました。


● 公式サイト内での発表  2019/01/07付け
ASC Awards Feature and Television Nominees Revealed



2018年度(第33回)アメリカ撮影監督組合賞授賞式は(現地日付で)2019年2月9日に行われる予定の予定です。



● アメリカ撮影監督組合 公式サイト(トップページ)
 The American Society of Cinematographers (ASC)

----------------------------------------------------------------------------------------------

2018年度(第33回)アメリカ撮影監督組合賞 ノミネーション
(The American Society of Cinematographers Awards/ASC Awards)

※ 人名(英語表記)のうしろに付いている表記はその人物が属している撮影組合の略号(略称)です。



アメリカ撮影監督組合賞(ASC賞):劇場用長編映画
ASC Awards for Outstanding Achievement for Theatrical Motion Picture

アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón
作品|ROMA/ローマ
英題|Roma




マシュー・リバティーク Matthew Libatique(ASC)
作品|アリー/スター誕生
英題|A Star Is Born




ロビー・ライアン Robbie Ryan(BSC, ISC)
作品|女王陛下のお気に入り
英題|The Favourite




リヌス・サンドグレン Linus Sandgren(ASC, FSF)
作品|ファースト・マン
英題|First Man




ウカシュ・ジャル Lukasz Zal(PSC)
作品|COLD WAR あの歌、2つの心
英題|Cold War (2018)
原題|Zimna wojna





アメリカ撮影監督組合賞:スポットライト賞 ASC Spotlight Award
※ スポットライト賞は限定公開の長編映画や映画祭または海外(=米国以外)で公開された長編映画において傑出した映画撮影技術が認められたものを表彰するために創設されました。

ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ Joshua James Richards
作品|ザ・ライダー
英題|The Rider



ギオルギ・シュベリゼ Giorgi Shvelidze
作品|泉の少女ナーメ(2017年 [第30回] 東京国際映画祭での邦題)
英題|Namme




フランク・ヴァン・デン・エーデン Frank van den Eeden(SBC, NSC)
作品|Girl(原題/英題)





アメリカ撮影監督組合賞:シリーズもの作品のエピソード(CM無しテレビ向け)
Episode of a Series for Non-Commercial Television

ゴンサーロ・アマト Gonzalo Amat
作品|高い城の男「Jahr Null」
英題|The Man in the High Castle, “Jahr Null”




アドリアーノ・ゴールドマン Adriano Goldman(ASC, ABC)
作品|ザ・クラウン「Beryl」
英題|The Crown, “Beryl”




デヴィッド・クライン David Klein(ASC)
作品|HOMELAND/ホームランド「Paean to the People」
英題|Homeland, “Paean to the People”




コリン・ワトキンソン Colin Watkinson(ASC)
作品|ハンドメイズ・テイル/侍女の物語「The Word」
英題|The Handmaid’s Tale, “The Word”




カフル・ワターズ Cathal Watters(ISC)
作品|ピーキー・ブラインダーズ「The Company」
英題|Peaky Blinders, “The Company”




ゾーイ・ホワイト Zoë White(ACS)
作品|ハンドメイズ・テイル/侍女の物語「Holly」
英題|The Handmaid’s Tale, “Holly”





アメリカ撮影監督組合賞:シリーズもの作品のエピソード(CM有りテレビ向け)
Episode of a Series for Commercial Television

ナサニエル・グッドマン Nathaniel Goodman(ASC)
作品|タイムレス「The King of the Delta Blues」
英題|Timeless, “The King of the Delta Blues”




ジョン・ジョフィン Jon Joffin(ASC)
作品|Beyond(英題)「Two Zero One」




ベン・リチャードソン Ben Richardson
作品|Yellowstone(英題)「Daybreak」




デイヴィッド・ストックトン David Stockton(ASC)
作品|GOTHAM/ゴッサム「A Dark Knight: Queen Takes Knight」
英題|Gotham, “A Dark Knight: Queen Takes Knight”




トーマス・ヤツコ Thomas Yatsko(ASC)
作品|ダムネーション「A Different Species」
英題|Damnation, “A Different Species”





アメリカ撮影監督組合賞:長編作品 / ミニシリーズ / パイロット版(テレビ向け)
Motion Picture, Miniseries, or Pilot Made for Television

ジェームズ・フレンド James Friend(BSC)
作品|パトリック・メルローズ「Bad News」
英題|Patrick Melrose, “Bad News”




マシアス・ハーンドル Mathias Herndl(AAC)
作品|ジーニアス:ピカソ「Chapter 1」
英題|Genius: Picasso, “Chapter 1”




フロリアン・ホーフマイスター Florian Hoffmeister(BSC)
作品|The Terror(英題)「Go for Broke」




M・デヴィッド・ミューレン M. David Mullen(ASC)
作品|マーベラス・ミセス・メイゼル「パイロット版」
英題|The Marvelous Mrs. Maisel (Pilot)




ブレンダン・スティーシー Brendan Steacy(CSC)
作品|またの名をグレイス「Part 1」
英題|Alias Grace, “Part 1”


----------------------------------------------------------------------------------------------

【名誉賞】


生涯業績賞 Lifetime Achievement Award

ロバート・リチャードソン Robert Richardson(ASC)




キャリア業績賞(テレビ)
Career Achievement in Television Award

ジェフ・ジャー(ジェフリー・ジャー) Jeffrey Jur(ASC)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


劇場用長編映画部門で有望視されながらも落選した主な候補

ジェームズ・ラクストン James Laxton
作品|ビール・ストリートの恋人たち
英題|If Beale Street Could Talk



ブノワ・ドゥローム Benoît Delhomme
作品|永遠の門 ゴッホの見た未来
英題|At Eternity’s Gate



レイチェル・モリソン Rachel Morrison
作品|ブラックパンサー
英題|Black Panther



エリック・スティールバーグ Eric Steelberg
作品|フロントランナー
英題|The Front Runner


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『ビール・ストリートの恋人たち』のジェームズ・ラクストン、落選かぁ。ショック。本番での逆転を期待したいです。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画